花粉、食べ物、動物など、アレルギーには様々なケースがあります。そのため、当サイトでは症状ごとにアレルギーの対応策をご紹介します。まずはご自分のアレルギーを知ること(何が原因か・何をすべきか)から考えていきましょう。

アレルギー症状に勝つ!

アレルギー症状は千差万別!色々な種類について

アレルギー症状は人によって大きく異なります。皮膚がかゆくなり、無数の発疹が出る人もいます。また、人によってはアレルギー症状が体の表面には出ず、内臓面にそれが出る人もいます。アナフィラキシーショックを起こし、生命の危機に陥るケースもあります。重篤なものではなくても、頭痛や血液検査において特定の臓器の数値が異常に高くなる事もあります。
アレルギー症状といえば、皮膚のかゆみ、ただれや鼻水、目のかゆみ等花粉症やアトピー性皮膚炎の症状を連想する人が多いです。しかし、現代社会にはそれ以外にも多くのアレルギーを起こす物質や症状があります。鯖や蕎麦にアレルギーがある人は、嘔吐、下痢、発熱、呼吸困難等の症状に見舞われ、長期間にわたって苦しむケースが多いです。
同じアレルギー症状を持つ場合であっても症状に重さ軽さは人それぞれです。例えば、スギにアレルギー症状がある人であってもくしゃみや目のかゆみだけに悩まされる人もいれば、頭痛、鼻づまり、皮膚のかゆみ等多くの症状に苦しめられる人もいます。
この症状は発生させる物質によっても大きく異なります。皮膚のかゆみ等医療機関を受診しなくても日常生活の工夫によってしのぐ事が出来るものもあれば、嘔吐、下痢、内臓の不調等医療機関で早急に適切なケアを受けなければ生命の危険に陥るかもしれないものまであります。
症状は人それぞれです。同じ病気であってもその重さが異なります。そのため、それを持っている人は病名でやる事や動き方を判断するのではなく、個人の状態に合った動きをする事が大切です。
非常に多くの人がアレルギー症状を起こしているため、社会の認知度が高いものもあれば、マイナーなものもあります。
症状のある当事者は自分の症状に合ったケアをしっかりと行う事が重要です。

↓花粉症の予防におすすめ
ジルテック
↓副作用も考慮して薬を選択しましょう
ザイザルは眠気の副作用が少ない薬
↓アレルギーで悩んでいる人の強い味方です
アレグラで花粉症をあきらめない